子どもの夢のまち

・・・子ども達の企画による子ども達の職業体験ができるコーナー

 

愛知教育大学の協力のもと、刈谷市内の小・中学生を中心に実行委員会を結成。

子ども達自ら企画し、自分たちの「夢のまち」を築いてもらいます。

「夢のまち」に必要な仕組みや仕事、お金の流れも自分たちで考えて表現してもらいます。

愛知教育大学の学生の皆さんは市内の小・中学生と接することで将来教師として教壇に立つ

ことに役立ててもらい、小・中学生達は、働くと言う体験を通して自分の事は自分で考え決定する主体性を育てます。

又一緒に働くことは年齢や性別・障碍のあるなしにかかわらず協力しなければならないので共同性が育ちます。

そしてお金の流れを知ることで社会性が育ちまちを作り出すことを体験的に学びます。

トラブルが発生した時も解決に向けた取り組みをすること、社会性が育って行くと考えます。